但馬技術大学校の生徒さんが見学に来られました。
12月12日(火)雪がちらつく中、但馬技術大学校の
生徒さんが養父市福祉施設の現場見学に来られました。

IMG_9522.jpg
これで2回めの現場見学となります。
だいぶ内装の工事が進んでいます。
IMG_9523.jpg
現場担当者から生徒さんへ質問を投げかける場面も。
さすが、すぐに答えておられました。
IMG_9527.jpg
徐々に出来上がっていく現場をどのように感じられたでしょうか。
完成を楽しみにしていてくださいね。

 
 
但馬技術大学校の生徒さんが見学に来られました。
9月5日(火)但馬技術大学校の生徒さん21名が、
養父市で建設中の福祉施設建設現場を見学に来られました。
大規模木構造建築「サミットHR工法」で建設が進んでいる
作業現場を熱心に見学され、説明を聞かれていました。
IMG_8044-2.jpg
実際に足場上がり、作業を見学して頂きました。
IMG_8047-2.jpg
参考になったでしょうか?これからもこの但馬で
建築業に携わって地域活性を担っていってほしいですね。
期待してます♪

IMG_8053-2.jpg
新聞にも掲載されました。
201709080934_0001-2.jpg2017090811233344360.jpg 
神戸新聞 2017.9.6 朝日新聞 2017.9.7 

 
 
「なら食と農の魅力創造国際大学校」の完成見学会に行ってきました。
8月25日(金)、奈良県桜井市に建てられた
なら食と農の魅力創造国際大学校」の完成見学会へ行ってきました。
こちらの建物、弊社も採用しております「サミットHR工法」で建てられております。

交流・サロン棟
IMG_7969.jpg
内部の写真です。
ホールです。すべて木造です。木造でこの空間造り。
IMG_7991.jpg
IMG_7993.jpg
現場管理棟・教育管理棟です。
IMG_7985.jpg
こちらは業務中で内部見れませんでした。
木造でこのように多様な建物・空間づくりが出来ます。
ご興味持たれましたら、こちらもご覧ください。

大規模木構造建築のご案内

 
 
まんてんファームの見学に行ってきました。

高柴商事グループの住環境システム協同組合
閉鎖型屋内水耕栽培農場まんてんファームをオープン致しました。
栄養満点のリーフレタスを栽培しています。
先日も初収穫試食会なども行われ、順調にレタスが育っているようです。
ちょっとお邪魔してきました。


中に入る前にエアシャワーを浴び、白衣に着替えていざ屋内へ(`・ω・´)ゞ
IMG_7097-2.jpg

ちょうどレタスの苗を植え替えしておられました。
IMG_7096-2.jpg
住環境システム(協)の堀江さんに一通りレタスの成長の過程を
教えて頂きました。
伺ったときはこちらの小さなレタスは夜の設定だったそうで、電気は
消えていました。レタスも眠っているのでしょうか。
IMG_7099-2.jpg
特別に電気をつけてもらえました。
だいじょうぶかな、レタスの赤ちゃん起きちゃったんじゃ…。
IMG_7100-2.jpg
こちらは本当に芽が出たばかりのレタスたち。かわいいですね。
IMG_7102-2.jpg
こちらはちょっと大きくなっています。育苗作業から
16日で定植作業に入るそうなので、この子たちもう少しで
定植されるのでしょうか。
IMG_7104-2.jpg
こちらはもう少しで収穫のレタスたち。
さすがによく育っています!美味しそう!
IMG_7105-2.jpg
レタスたちは温度、湿度、水温などをコンピュータで管理されていて、
品質にバラツキが出にくいようになっています。
IMG_7109-2.jpg
IMG_7110-2.jpg
そのおかげで一年を通して安定した生産が見込めるというわけですね(^ν^)

出来上がったレタスを少し試食でいただきましたが、
普段、生野菜を全然食べない我が家の1歳半の次男が
シャクシャク食べていました。
とっても食べやすくて美味しかったです。一玉くらいは一人で
ペロッと食べれますね(・∀・)

まだ市場には出ておりませんが、これからスーパーなどで
目にされましたらぜひお手にとってくださいませ(●^o^●)

まんてんファームさんありがとうございました!

お問合わせは↓
住環境システム協同組合「まんてんファーム」
TEL/ 079-664-0297 堀江・石田さんまで

 
 
本社玄関扉に日射調整フィルムを貼っていただきました。

高柴商事本社の玄関扉に日射調整フィルム貼りをして頂きました。

以前から、お昼過ぎ頃の強い日差しと照り返しに悩まされていたのですが150034_1.gif
営業部スタッフの協力のもと、貼り付けが決定いたしました!

日射調整フィルムといっても様々な種類があり、サンプル帳を見ながら熟考・・・。
その中からこの2つに絞り、実際に見比べてみます。

2017040514182347952.jpg
内側から見ると50%タイプの方が良いなと感じたのですが、
外側から見ると50%は、より反射が強くギラギラ感があるとの意見が出たので、
今回は30%タイプの【マディコフィルム WIN70】に決定です。

※この日射調整フィルムというものは、
外からの光を反射させることで、中に入ってくる光を軽減する仕組みになっているそうです。ですので遮光率が高いもの程、外から見ると反射が強くなるようですね174601.gif



フィルムも無事決まりまして、4月3日に施工をして頂きました!

IMG00699k.jpg

作業中の様子です。お忙しい中ありがとうございました189879.gif

作業途中でしたが、外側からも撮影させていただきました。
快くご協力頂きましてありがとうございます。

201704051515035879.jpg

フィルム有と無で、反射の強さが少しですが違うのがお分かりいただけるでしょうか?
フィルム有の方が、反射が強く屋内も見えづらくなっているかと思います。

こちらは作業完了後の写真です。
分かりやすいように、玄関ガラスと隣の窓ガラスで比較してみました。
201704051518395857.jpg
向かいの建物の白壁の色が、まったく違いますよね174317.gif
玄関扉だけ見ているとあまり分かりませんでしたが、何もないガラスと比べると一目瞭然です。
本社にお越しの際は、ぜひご覧くださいませ
146601.gif

※ガラスとフィルムの間にわずかに気泡が見えるかと思いますが、約1〜2週間を目安に蒸発していくそうですのでご安心ください。


こちらの日射調整フィルムが気になった方は、是非お気軽にご連絡ください。
日射調整だけでなく紫外線カットや、ガラスが割れた際の飛散防止にもなりますよ192128.gif174473.gif


 
 
大阪「綿業会館」を見学してきました。
大阪の「綿業会館」を見学してきました。
昭和初期の建築物なのですが、第2次世界大戦の戦火も
免れ、今日にその姿を残しています。
IMG_5761-2.jpg
談話室の壁は京都の焼き物だそうです!
IMG_5752-2.jpg
天井の装飾も素晴らしいです。
技術力の高さに圧倒されます、
IMG_5745-2.jpg
当時の職人や建築関係者はどのような思いでこの建物を
造っていたのでしょう。
我々も負けじと良い物造っていかないといけませんね!

 
 
朝来バイオマス発電所の見学に行ってきました。
朝来市生野町に整備された「朝来バイオマス発電所」の見学に
行ってきました。
IMG_5683-2.jpg
これまで利用されずに林の中に放置されていた未利用木材を
燃料として、発電しているそうです。
年間3700万Kw/hの電力を供給でき、朝来市の全世帯をだいたいカバー
出来るくらいとのこと。
IMG_5691-2.jpg
これが燃料のチップです。
隣に材料の供給センターがあるんですね。
IMG_5684-2.jpgIMG_5698-2.jpg
これまで使われていなかった木材の有効利用で電気がつくれ、
兵庫の山・林業が活性化すればいいですね。
われわれの生活にも恩恵があれば更にうれしいのですが(*´艸`*)

 
 
大阪の企業様がサミット工法の見学にいらっしゃいました。

2月21日
大阪府のある
企業の方が高柴商事本社にいらっしゃいました。
新社屋を建設予定とのことで、サミット工法を考えられているそうです。

まず工法についての説明をいたしまして、その後、社屋の見学をされました

IMG_5116k.jpg

IMG_5117k.jpg

同業種のようで、サミット工法の他にも
フロアーや取り扱い商品等、色々なお話をさせて頂きました。

今後ともよろしくお願いいたします。



 
 
KARUBE TREE×TREEの開所式に参加しました!

2月8日 養父市Yタウンに新しく出来ました
居宅介護支援事業所『KARUBE TREE×TREE(カルベ トリートリー)』の開所式に参加しました。

 P1060052.jpg

 

要介護認定を受けていない高齢者の方や、
自分の生活で不便を感じ始めている方、また高齢者を持つご家族の方が気軽に相談できる福祉の相談窓口として出来たのが、『KARUBE TREE×TREE』です。
地域住民の方々の立ち寄りやすい敷居を低くした福祉相談口にするために建物の半分は、自販機を設置したカフェスペースにしてあるそうです。
買い物のお客様等の休憩場所、また小グループの会議等の場所として…
P1060045.jpg

 

但馬地域の福祉の発展とともに 
福祉を身近なものとして考えるきっかけになる…
『KARUBE TREE×TREE』がそんな場所になれるよう祈っております。