木の種類と特徴

 

↓ご覧になりたい木の名前をクリックしてください。
  
  ヒバ
 ケヤキ 


針葉樹 スギ科

日本で最も多く植林されている木。成長が早く各地で手に入る為、国産材の中では一番安価で手に入ります。
特徴
木目がまっすぐで柔らかく、加工しやすい。
用途
主に柱、天井などの構造材として、天井や壁の内装材として、また障子や襖などの建具材にも使用されており、様々なところで活躍している、万能な木と言えます。

ヒノキ科

杉の次に多く植林されているが、杉の半分くらいの太さにしかならない為価格は杉に比べてやや高めです。
特徴
乾燥性がよく狂いが少ない。木肌は艶があり美しく、独特の香りがします。強度・耐久性がある上、加工性にも優れています。
用途
耐久性に優れている為、家の寿命に関わる柱・土台などに最適。
また、丈夫で美しい木目は人気が高く、内部や家具にも用いられています。


針葉樹
アカマツ
マツ属 マツ科
特徴
ヤニが多く、ねじれやすい。湿度が高いと白太にカビが生えやすいので伐採は秋〜冬に限られています。粘りがあり、圧縮力に対して強度が大きいのも特徴。
用途
比較的安価で強度があるので内装用の床材として、梁などの横架材として使われることが多いです。
カラマツ
カラマツ属 カラマツ科
特徴
木目はまっすぐで荒く、強度が高い。アカマツより入手しやすく価格も割安。
用途
重厚な色や木目を生かし、床柱・長押などの装飾材に使われる他、
家具や工芸品などにも用いられる。
ヒバ
針葉樹 ヒノキ科
特徴
やや柔軟で加工がしやすく、耐久性も高い。また、水湿性にも優れている。
用途
造作材・構造材・建具のほか、耐久性が高いことを利用して土台の水廻りなどにも用いられる。
ケヤキ
広葉樹 ニレ科
特徴
強度があり、耐久性・耐水性・耐朽性に優れている。重くて堅いが弾力性があり、曲げに強い。
用途
かつては構造材に多く使用されていましたが、最近は量が少なく高価な為、床の間などの化粧性を重視する造作材に使われます。

広葉樹 ゴマノハグサ科
特徴
軽量で柔らかく、加工がしやすい。狂いや割れも少なく、吸湿性に優れている。
用途
衣類の保管に最適で、タンス・押入れなどに使用される。